パール富士を求めて富士宮市人穴地区へ

68年振りとなるスーパームーン前日のパール富士を求めて、富士宮市人穴地区へ。県道71号沿いのポイントでその瞬間を撮影しようと待機していましたが、なんと直前に富士山が雲に覆われてしまうという残念な結果になってしまいました。

田貫湖から猪之頭地区の撮影ポイントを確認しつつ、最終的には人穴地区の県道71号沿いのポイントへと移動してきました。この日はあまりの混雑ぶりに吃驚・・ 聞いた話によると、前日はさらに撮影者が多くて、パトカーが出動したのだとか・・ 

ズラーッと三脚の列が並ぶなか撮影スペースを確保し、その瞬間を待つことに。ちなみにパール富士の観測時刻の15分位前はこんな感じでした。
富士宮市人穴地区からの富士山
この後、あっという間に富士山はガスに覆われ・・(泣) この日は朝からずっと富士山が見えていたので、まさかまさかの展開に言葉を失ってしまいました。

一方、嬉しい出来事もありました。なんと隣で撮影していたのは、かの大山行男氏。富士山写真の第一人者として知られ、私の最も好きな写真家の方でもあります。写真展へ行ったり、カレンダーは氏の作品のものを使用しているんですよね。そんな方と色々お話し出来て、非常に有意義なひとときでした。

それから撮影地を後にすると、朧げに月が見え始めたりして、なんだかなって感じで・・ さらに14日のスーパームーンも東京からは見えなかったので、これは15日に撮影したお月様(トリミング)。
2016年11月15日の月
さて、2016年最後のスーパームーンとなる12月14日の天候はどうなることやら・・

MEMO


スポンサーリンク