カラマツの黄葉を求めて富士山・宝永火口の散策へ

カラマツの黄葉(紅葉)を求めて、富士山・宝永火口の散策へ。全体的に5~6合目付近の黄葉は見頃を過ぎていましたが、所々で金色に染まる鮮やかなカラマツが綺麗なことに加え、迫力ある宝永火口や展望なども楽しめました。

今回は両親(80)・姉を伴っての宝永火口散策。まずは富士宮口5合目の駐車場で、1時間ほど体を慣らしてから出発することに。5合目レストハウス展望台からの眺め。
富士山・富士宮口5合目レストハウス展望台からの景色
こんな真っ青な空見ると、山頂まで行きたくなってしまうな・・・ さて、歩き始めると、父は頭痛とめまいが酷いよう・・それに少し顔色が悪い。一緒に引き返そうかと思ったのですが、本人はどうしても行きたいようで、様子を見ながら休み休みちょっとずつ先へと進みました。
富士山・富士宮口5合目付近からの景色
しかし、次第に頭痛とめまいがおさまったようで一安心。青空に映える金色のカラマツが美しい。
カラマツの紅葉(黄色)~富士山・富士宮口6合目付近
こんな景色を楽しみながら、ようやく宝永第一火口縁に到着。やっぱり宝永火口は迫力ありますね~!
富士山・宝永第一火口
山頂や十二薬師岩脈もバッチリ見えて爽快! 両親の状態によっては、ここから遊歩道を歩いて5合目へと戻るつもりでしたが、せめて火口底まで下りたいというので先へ。ただ、午後から天候が荒れそうだったので、それまでには戻らねば・・
富士山・宝永第一火口
宝永第一火口底に着いた途端、落石がお出迎え(汗) ここは本当に怖いよな・・ ベンチでコーヒーブレイクと思いきや、風が強まり冷えそうなことから小休止のみ。再び宝永第一火口縁へと登り返すことに。第一火口縁からの景色は、下界は霞み、愛鷹山が薄らと見えていました。
富士山・宝永第一火口縁からの景色
その後、展望を楽しみたいというので、樹林帯の遊歩道ではなく、6合目経由で戻ることに。
カラマツの紅葉(黄葉)~富士山・富士宮口6合目付近
これで5~6合目付近の紅葉は見納めか~。今年は早かったな。両親もカラマツの紅葉に加え、念願の第一火口底まで行けて満足気でした。

それにしても車に戻った途端、富士山は大荒れ・・・葉っぱなどがバシバシと吹き付け、車が揺すられるような強風。上を見ると笠雲ができ、雲が渦巻いていましたよ。
荒れる前で良かったと、ほっと胸をなで下ろしたのでした。

さて、この後はダイヤモンド富士を見るため山中湖へ。つづく。「2015.10 夕日のダイヤモンド富士~山中湖平野

MEMO


スポンサーリンク